So-net無料ブログ作成
検索選択
☆ご訪問ありがとうございます。当ブログをよ(^o^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^-^)ノ゙
☆私のオススメのFX会社取引タイプ別選定 最新版記事は  [位置情報][位置情報][位置情報]  こちら
☆私のオススメのFX会社 デイトレーダー向けは   [位置情報][位置情報][位置情報]  こちら
☆経済ニュースを英文で読んでみましょう 記事一覧は  [位置情報][位置情報][位置情報]  こちら
☆私の渾身の『テクノロジー』レポート   記事一覧は  [位置情報][位置情報][位置情報]  こちら
☆予想を超える!常識を打ち破る!「常識への裏切り」   [位置情報][位置情報][位置情報]  P1 P2 P3
☆肉体動作の極限 - 『スーパープレイ』 記事一覧は  [位置情報][位置情報][位置情報]  こちら

☆応援してくださる方はポチッとお願いします♪→→  

楽天証券 ブログトップ
前の2件 | -

楽天1~6月期決算は純利益19%増 ネット金融は事業利益2.6倍 [楽天証券]

ランキングサイトに参加しています。 →→ 人気ブログランキングへ
クリックにて応援頂けると嬉しいです。→→ FC2 Blog Rankingへ

8月2日に 楽天株式会社 の2013年度第2四半期 決算発表がありました。
 2013年度第2四半期の業績は、一言でいえば非常に好調でした。

 主力の「楽天市場・楽天トラベル」事業が堅調に推移したことに加え、「インターネット金融」事業が『アベノミクス』を追い風に急激に業績向上しました。
---------2013/08/02 15:59 日経速報ニュース---------
 楽天(4755)が2日発表した2013年1~6月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比19%増の256億円だった。クレジットカードショッピング取扱高が伸びたうえ、傘下のネット証券株式市場の活況を背景に好調だった。同日記者会見した三木谷浩史社長は「国内消費が回復するなど『アベノミクス』が業績の追い風になった」との見方を示した。
 売上高は33%増の2408億円、営業利益は26%増の475億円だった。クレジットカードでは「楽天カード」の会員増加もありショッピング取扱高が38%増加。ネット証券の国内株売買代金は前年同期の3.6倍となり、インターネット金融事業のセグメント利益は215億円と2.6倍に膨らんだ。一方、主力のインターネットサービス事業は仮想商店街「楽天市場」の売れ行きが堅調だったが、先行投資による費用がかさみ、セグメント利益は前年同期比5%減った。
 13年12月期通期の連結業績予想は、引き続き非公表とした。インターネット関連事業や金融事業などは環境の変化が激しく、「業績の予想を行うことが困難」という。年間配当予想も明らかにしていない。
---------------------------------
 楽天㈱ 第2四半期(4~6月) 決算資料を元に、その内容詳細を見てみます。

 まず、事業別の業績です。主力となっている事業は、前期と変わらず「楽天市場・楽天トラベル」です。そして前期に比べ、売上げ・利益とも急伸したのが、「インターネット金融セグメント」になります。

130805rk1.JPG

 「インターネット金融セグメント」はその内訳は次の4つの事業で構成されます。
  ・楽天証券 事業 (第2四半期営業利益70億円)
  ・楽天カード 事業 (第2四半期営業利益27億円)
  ・楽天銀行 事業 (第2四半期営業利益17億円)
  ・楽天生命保険 事業 (旧 アイリオ生命保険から4/1に社名変更)

 個人的に注目している「楽天証券」事業の内容を確認してみます。
 2013年から株式信用取引に即日決済が取り入れられて、回転売買が増え、またアベノミクスのよる円安効果などで株価上昇により民間投資意欲の増大効果で、近年になく株式取引高が増加しました。
 それによる手数料収入の一気増大により、営業利益は前年同期比7倍に膨れ上がっています。
130805rk2.JPG


130805rk3.JPG

 また、「楽天証券」におけるFX取引サービスは、昨年の早い時期から、ホワイトラベル提供から自前サービスへの移行準備をしていました。そして、今年にはいって、自前の新楽天FXサービスへ移行したわけですが、このタイミングも運がよかったようです。

 安倍政権誕生後の円安トレンド発生で、FX取引も注目を集めることとなり、FX売買高も短期間で大幅増加となりました。(ただ、薄利のドル円取引が増加してもあまり利益には貢献しませんが)

130805rk4.JPG

 2013年の上半期は、順調な業績となったようです。
 証券会社の業績は、やはり株価や為替のボラティリティなどに大きく依存します。そのため、断定的なことはいえないということで、楽天も今後の業績予想は出していません。

 楽天証券 FX口座開設は コチラ↓↓
楽天FX


  ・楽天カード 事業  ・楽天銀行 事業 
についても確認しておくと、業績は堅調でした。
 両者とも、事業の性格上、証券のような急激な売上げの変動などはなさそうですので、今後も同様の状況が続くと思われます。

130805rk5.JPG


130805rk6.JPG

タグ:楽天証券
nice!(0)  コメント(0) 

楽天証券が「新楽天FX」評価版利用の受付開始 [楽天証券]

 楽天証券が自社開発の「新楽天FX」について、評価版利用の受付開始のお知らせを出しました。
-楽天証券 WEBサイトより抜粋-
「 2013年1月より自社開発のシステムによる新たなFX(外国為替証拠金取引)サービスとして、「新楽天FX」の提供を予定しております。本番リリースに先立ちまして2012年11月より新楽天FX【評価版】の提供を開始いたします。これにより、評価版のモニターのお客様は、いち早く新サービスをご利用いただけます。
 新サービスでは、当社ウェブサイトはもちろん、FXの商品性に特化した「マーケットスピードFX」や株式版「i SPEED」のノウハウを活かしたスマートフォン用FX取引アプリ「i SPEED FX」を提供し、さまざまな取引チャネルに対応いたします。
 特に「マーケットスピードFX」におきましては、金融のトレーディングツールとしては業界初となる「グッドデザイン賞」を受賞し、そのデザイン性や機能性を高く評価いただいております。
 10月12日より評価版の受付を開始いたします。 評価版のお申込みの流れは以下の図のとおりとなります。新楽天FX(評価版)のお取引開始には、現行の楽天FX口座の開設が必須となります。評価版のご利用案内メールは、2012年11月以降に順次送信いたします。 」
121014rt1.JPG

新楽天FXについて、10月12日より評価版の利用申し込み受付が始まりました。
まず、楽天FX口座を開設しないといけないのがちょっと面倒ですが、「マーケットスピードFX」など興味ある方は応募されてみてはいかがでしょうか。
 楽天FXの口座申込みはこちら↓↓
楽天FX
121014rt2.JPG

121014rt3.JPG

121014rt4.JPG

ランキングに参加しています。
  ←←この記事がお役に立ちましたら応援ポチッとお願いします。
タグ:楽天証券
nice!(0)  コメント(0) 
前の2件 | - 楽天証券 ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。