So-net無料ブログ作成
検索選択
☆ご訪問ありがとうございます。当ブログをよ(^o^)ろ(^o^)し(^ ^)く(^-^)ノ゙
☆私のオススメのFX会社取引タイプ別選定 最新版記事は  [位置情報][位置情報][位置情報]  こちら
☆私のオススメのFX会社 デイトレーダー向けは   [位置情報][位置情報][位置情報]  こちら
☆経済ニュースを英文で読んでみましょう 記事一覧は  [位置情報][位置情報][位置情報]  こちら
☆私の渾身の『テクノロジー』レポート   記事一覧は  [位置情報][位置情報][位置情報]  こちら
☆予想を超える!常識を打ち破る!「常識への裏切り」   [位置情報][位置情報][位置情報]  P1 P2 P3
☆肉体動作の極限 - 『スーパープレイ』 記事一覧は  [位置情報][位置情報][位置情報]  こちら

☆応援してくださる方はポチッとお願いします♪→→  

外為どっとコム ブログトップ

FX取引会社情報 [外為どっとコム]

 前回 この記事 で、GMOクリック証券が取引高世界NO.1になったと紹介しました。しかし外為オンラインがWEBサイトで
「  --- 外為オンラインが選ばれる理由 ---
  外為オンラインは4年連続FX年間取引高No.1です。(※)
     (※)「2007年4月~2011年3月FX取引高」(株)矢野経済研究所調べ   」
こう表示しているが、今年はどうなんだろうと思われた方もおられるかもしれません。

 日本のFX業者は、必ずしも自社の口座数等を公表していないので、100%正確な比較はできないのですが、㈱矢野経済研究所(本社:東京都中野区)が 毎月有力企業15社のアンケート調査を実施し、「有力FX企業15社の月間データランキング」を発表しています。このランキング情報で、2012年7月では次のようになっているようです。

  ◆ 2012年7月の預かり残高の第1位は外為どっとコム、第2位はGMOクリック証券
  ◆ 2012年7月の口座数の第1位は外為どっとコム、第2位はGMOクリック証券
  ◆ 2012年7月の取引高の第1位はGMOクリック証券、第2位はDMM.com証券

 今年は最終的にはわかりませんが、予想として日本国内では 預かり残高・口座数の第1位は外為どっとコム取引高の第1位はGMOクリック証券 になりそうです。

 外為どっとコムは、WEBサイトで<5分でわかる!外為どっとコムの魅力-口座数・預かり資産8年連続No.1>と案内し、8/31のプレスリリースでもこの2部門は国内FX業界No.1と発表しています。

 外為どっとコムの特徴はどのようなものでしょうか。まず、この会社を利用する最大のメリットとしては、豊富なマーケット情報を入手できて、ファンダメンタルズから相場を判断する際に役立つことです。為替レートやニュースヘッドラインなどのマーケット情報は当然提供してますが、それに加え、「外為情報ナビ」で動画コンテンツをはじめ、各種レポートや経済指標のリアルタイム発表など、取引役立ちコンテンツを多数用意しそれも圧倒的な情報量です。ファンダ分析をして相場予測する、長期保有の方・スイングトレーダーには非常に重宝します。
 一方、私のように短期取引を繰り返す方にはものたりないと思います。まず、PCでの取引環境としてウェブブラウザベースのものだけで(インストール型がない)、いまひとつ使いにくいです。また、スプレッドも激狭でなく若干広めです。といってもUSD/JPY1銭、EUR/JPY1銭、GBP/JPY2銭、EUR/USD1PIPなので、気にするほどでもないかもしれませんが。

 外為どっとコムは、顧客に長期保有トレーダー多く、今流行の派手なスプレッド縮小競争には参戦せず、新規加入の広告も保有口座数アピールで若干地味めに行っているように見えます。特に去年は派手な活動を控えていました。
 それは例の事件を起こしたため、同社は2010年9月17日付けで関東財務局より、1ヶ月間の「全業務停止命令」を受けたからです。

≫続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー
外為どっとコム ブログトップ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。